生酵素と肌トラブル

生酵素はなかなか治らないニキビ跡にも効果がある?

投稿日:

ニキビを放置していたらニキビ跡がひどくなった

元々、顔はニキビ体質でした。高校生の頃からぽつぽつと顔にニキビができ始め、30代になった今でも大人ニキビが常にできているような状態です。

それでも、背中にだけは絶対にニキビはできなかったのが、この2,3年でついに背中ニキビができてしまいました。

しかも、背中ニキビは痒いですから、どうしてもかいてしまいます。

その時に、勢いよくかいてしまうものだから、ニキビを潰し、時には血だらけになる事があります。

でも、「どうせ背中なんてほとんど見せる事ないからいいか」なんて思っていました。

 

ところが、ある日、着替えをしていて、鏡越しにパッと自分の背中を見てみると、なんと、背中ニキビ痕がすごいことになっているではありませんか。

まるで、しみのような状態が首元から背中にかけてどばっとあり、びっくりしました。

そして、ジムにも行っているので汗をよくかきます。

 

それを放置していたら更にニキビができて、痒くて潰してしまうと、背中ニキビ痕になって残り、背中ニキビ痕は、悪化の一途をたどっています。

気付いた時にはアルコールを塗ったりしているのですが、なかなか治りません。

 

水着になる時は背中ニキビ痕が確実に見えるので、どうにかしたかったんです

 

生酵素がニキビに効果があるという話をちらっと聞いたことがあったので、

生酵素サプリを飲み始めることを考えました。

 

ニキビ跡が全然治らなくなりました

高校生の時にニキビを放置したおかげでニキビ跡がたくさん出来てしまいました。

 

すぐ治るだろうと高をくくっていたのですが、治りませんでした。

 

数年経過をしても治らなかったので、どうしたものかなと感じています。

 

ニキビは病院に行って薬をもらったらすぐに治りました。

 

ですがニキビ跡だけは傷跡のようなものですから、中々治りませんでした。

 

外に出かけるのも億劫になってしまいます。

 

頑張って出かけても何かが得られるわけではありませんし、退屈な日常を過ごしています。私の顔の肌が綺麗だったらもっと楽しい人生が会ったのではないかと思っています。

 

たかがニキビ跡ですが、それによって苦しんでいるのです。

 

どうにかして治す方法がないかなと探していたらインターネットで情報を見つけました。

 

それはケミカルピーリングという薬品を使って肌にダメージを与えて回復力を促進するという方法です。

 

これをしっかりとできる事で、肌が綺麗になるようです。

しかし、お金がたくさんかかってしまいます。それを考えると難しいのですよね。

 

お金さえかければきれいな肌が手に入るというのは簡単な話ですが、金額がちょっと高いので、仕事をしてお金を貯めなければらないのです。

 

仕事は簡単ではないということを知っているので、迷ってしまうのです。

 

ニキビ跡を残さないためにできること

ニキビが出来てしまったら、とっても憂鬱ですよね。

 

気になって気になって、厚化粧で隠したり、手で触ってばっかりいませんか?

 

出来てしまったニキビをニキビ跡にならないように治すには、まずは我慢する事が大切です。

 

間違っても潰してしまってはいけません。

 

出来てしまったニキビはできるだけ触らないようにして、市販のニキビ薬を塗ったり、皮膚科に行く様にしましょう。

そして炎症をできるだけ早く止める事が大切です。

 

でも、大切な用事があってどうしてもニキビを隠したい場合は、ニキビ用のメイク用品を使います。

 

コンシーラーのように色味があり、ニキビの治療もしてくれるような優秀な保護クリームを一つ用意しておくと、急なニキビにも安心です。

 

そしてここで忘れてはならないのが、日焼け予防です。

 

ある程度年齢がいってからの大人ニキビの場合は特に、ニキビ跡が日焼けによってメラニンを作ってしまい、色素沈着をおこす場合があります。

ニキビが完全になくなるまで普段以上にUVに気を付けなければなりません。

 

赤ちゃんでも使用できるような、できるだけ低刺激の日焼け止めを選ぶか、外出の際はマスクをして下さい。しっかりとした日焼け予防が後日あなたの肌にニキビ跡を残す確立を減らします。

 

生酵素サプリでニキビ跡が改善できるというのは、ある意味理屈があります。

つまり乱れていた新陳代謝が正常化することで、

細胞が生まれ変わるリズムを活性化させることができます。

 

ニキビ跡を早く治すためには、高額な治療ではなく、

生酵素を飲んだりなど、細胞の生まれ変わりをサポートすることが必要なんですね。

-生酵素と肌トラブル
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした